ローンが残っている車売却

MENU

ローンが残っている車売却

車を購入した時には、勿論ローン完済までその車を乗るつもりで購入する人がほとんどでしようが、ローンが残っていても何らかの理由で手離さないといけなくなってしまう場合もあるかもしれません。ローンが残っているのに売る事ができるのかしら、と思うかもしれませんが、売ることは可能です。車検証の所有者欄が自分になっているか、ローンを使った信販会社などになっているかを、まず見てみて下さい。自分名義なら友達や知人に売ることも可能ですが、反対に信販会社などの名義になっている場合は、基本的にそのローンをどうにか現金を都合をつけて支払わないと自分の名義にはなりません。

 

その場合に、ローンが残っている方が利用するのが、大手の中古車販売店のようです。そちらなら、売る車の査定をして査定額が残債より多かったら、その分は戻ってくる仕組みになっています。また、反対に査定額が残債より下回った場合は、その分を現金で支払うか、そこでそれ用のローンを組むという方法もあるそうです。よく分からない手続きは、中古車販売店がしてくれるので、その点では手間がかからず楽ですが、問題はその査定額です。ローンが残っているのに売りたいというのは、普通では何かないと少ない事ですので、低い査定額で納得しないようにしたいものです。自分の車の適性な査定額は、ネットで複数から査定してもらって確認してから、車売却する決断をする事が大事なのかもしれません。